2014年09月28日

散歩の途中で見つけた商店街のお気に入り

blog537.jpg

2014年11月5日〜2015年2月10日まで 2週間ずつ7つのパートに分けて『tetoteハンドメイドバザール shop』が開催される事になりました。
場所は阪急うめだ本店10F中央街区のワンコーナーです。
Mary's Ribbon が出展させて頂くテーマは「クリスマス」
パート2(11/19 〜 12/2 )と、パート3(12/3 〜 16)の 4週間 です。
子どもの頃は勿論 大人になってからも、とにかくクリスマスの雰囲気が好きで 毎年ツリーに飾るオーナメントetc… も増える一方(..;) 収納にはかなりの場所を要する羽目になっています。 
そんな大好きなクリスマスシーズンに、是非出展したいと応募させて頂いた結果ですので、現在黙々と楽しく♪ 作品を製作中です。(・-・)/
写真は撮ってから随分日が経ってしまいましたが …
ポロンの散歩中に見つけた波の音が聞こえてきそうなデザインのポスター(来週ですね (?_?; 過ぎていなくて良かった〜)と眼鏡屋さんのシャッターに描かれたイラスト( 暑い季節は早朝に散歩していたので、気づく事が出来
ました♪) 毎朝お決まりの散歩でもコースはいくつかあって、新しい発見があると その日は何だか得した気分!こんなデザインのアクセサリーがあったら素敵かも? とイメージが膨らみます。(ё_ё)


posted by マリアンヌ at 18:56 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2014年09月03日

[思い出のマーニー x 種田陽平展]に行ってきました

blog536.jpg

先日のALFEEデビュー40thコンサートの翌日、両国にある江戸東京博物館へ行って[思い出のマーニー x 種田陽平展]を見てきました。
アニメ映画の中の世界が隅々まで見事に作り込まれていて、3時間どっぷりと入り浸っていたくらい見応えがありました。(・-・)
映画を一度観ただけでは気づかなかった細部までの拘りは感心するばかり!
近郊にお住まいの方で気になっているけど、まだ行っていないという方は、9/15 までに是非是非 見ていらしてください。
世界中のジブリファン、クラシックな雰囲気・美しい風景etc… がお好きな方、皆に見て頂きたい!終わってしまうのが勿体ないと思える展示でした。部屋の壁紙 ( 勿論、映画の為に描かれたオリジナルです)を実際に作って貼られた廊下 … 懐かしく優しい色合いの花模様でした。マーニーの家の設計図も正に建てられた当時の実物を額装したように古びた紙の折り目や縁が変色していたり、破れてセロテープで修繕したのが外れた跡があったり …
あの家は実在していたのだと錯覚に陥るほど繊細に作られていました。
この物語は1967年の作品で日本では1980年に刊行されたとの事。そうか〜
『赤毛のアン』や『大草原の小さな家』の物語の世界に憧れていた頃には、まだ入ってきていなかったんだ … と独り言?をつぶやきつつも、またひとつ良い作品に出会う事が出来て幸せです。
[思い出のマーニー x 種田陽平展]では、この映画の為に描かれた本当に
沢山の絵を近くで見る事が出来ました。(n_n)v
絵画展に行っても、こんなに好きな作品ばかりを見られる機会はないかも?
帰りがけに[ジブリの立体建造物展]という本を買いました。
こちらは12月14日まで都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園で開催
されている展示内容をまとめた立派な本 … 行きたい!けど無理 … 本を見て読んで、行った気になろうと思います。
posted by マリアンヌ at 21:29 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2014年07月26日

『思い出のマーニー』素敵な作品でした

blog532.jpg 『アナと雪の女王』上映前に見た
 CMがとても美しく「絶対観たい」
 と決めていた作品 (ё_ё)『思い出
 のマーニー』を観てきました。
 宮崎監督も高畑監督も関わらない
 初のスタジオジブリ長編映画 …
 難しい事は抜きにして繊細で美し
 い映像に最も魅かれる者にとって
 最高の作品でした。
 大切な物語の主旨・伝えたい事は
 別にあるけれど秘密にしておかな
 ければいけないので … (・-・)/
 TVのCMや、映画の宣伝を兼ねた
 番組を見ても、何だかよくわから
 なかったはずだと納得です。
美しい風景や主人公の杏奈が過ごす事になった親戚の家のキッチン、彼女の部屋、ベランダの柵、大きなお屋敷のインテリアetc … TV番組の中では家の通風口のデザインにまでこだわった絵コンテが紹介されていましたが、どの場面も停止させて隅々まで見ていたいほどに繊細でした。
もし一言、言わせて頂けるなら、あのTVCMは勿体ない気がします。(..;)
美しい風景をバックに浮かんだ二人が乗ったボートのシーンにナレーションを流すだけの方が、この映画の魅力が伝わるのでは?なんて ...
杏奈がお世話になった家のご夫婦も、メガネの女の子も おおらかで優しい人ばかり … 映画を見終えた後、マーニーとの思い出を共有出来たような気持ちになった、ちょっと不思議な物語でした。
スタジオジブリ X 種田陽平が描くアート&デザイン[THE ART OF 思い出のマーニー]が 7月31日に発売予定との事 … 映像の光を通して見る絵の美しさを満喫できないのが心惜しいアートブックですが、ゆっくり眺める為に手元に置いておきたいなあ … と思っています。
posted by マリアンヌ at 14:46 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2013年11月16日

可愛いイラスト&サインをして頂きました♪

blog510.jpg 先週の旅行時、池袋東武 TOBUデパート
 6F1番地 美術画廊で開催されていた
[田村セツコ絵画展]を見てきました。
 昨年の秋、東京へ行った時には少し日が
 ずれていて涙をのんだものでした … が、
 今回「もしかして?」とセツコ先生の
 ブログを見たら7日〜との お知らせが!
 何とラッキーな事でしょう (n_n)v
 新幹線を品川で下車し即、池袋へ向かい
 ました。とてもゆったりとした画廊には
 あの懐かしく可愛いイラストや 水彩の
 原画、心ときめくコラージュ作品が展示
 されていました。そして会場にはセツコ
 先生ご本人が ... (ё_ё)
おこづかいで 少女雑誌『りぼん』や『なかよし』を買って読んでいた頃から大好きだったイラスト … セツコ先生ご本人に お会い出来る日が来るなんて♪ホント嬉しかったです。(*^_^*)
画廊の方のお話によると、ご自分の作品には1点1点に思い出があるので、あまり手放されないけれど、欲しいという方が多いので今回は珍しくお値段が付いている物もありますとの事。 ... 欲しいのは山々だけど (..;)
本を買ってサインして頂く事にしました。
[田村セツコ HAPPYをつむぐイラストレーター]は 持っているけれど、宝物として保存用にもう1冊。妹にプレゼント用に1冊。[すてきなおばあさんのスタイルブック]と新刊の[おちゃめな老後]を1冊ずつ計4冊♪
セツコ先生は1冊1冊丁寧に それぞれ異なる可愛いイラストを描いてサインをして下さり感激しました。(・-・)/
「ゆっくりしていってくださいね。」とチョコレートを頂き、握手してくださった手はとっても温かくてやわらかでした。
ホテルに向かう山手線に乗り、買ったばかりの本を読んでいると「歳をとるのも楽しめそうだわ♪」と、つい読書モードになってしまい、危うく降車駅を乗り過ごしそうになってびっくり!(・.・;)
写真は 描いて頂いたサインと、チラシに載っていた[こわくないったらこわくない]というタイトルの油彩画 です。
posted by マリアンヌ at 17:39 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2013年07月24日

『風立ちぬ』を観てきました

blog492.jpg スタジオジブリの最新作映画
『風立ちぬ』を観てきました。
 戦時中の物語 = 『火垂るの
 墓』のような イメージを
 もって観に行ったのですが
 恐ろしい戦争の場面はなく
 1903年(明治36年)生まれ
 の主人公が 小学生時代から
 の夢を こつこつと実現させ
 てゆく物語 …
丁度、祖父母が生きたのと同じ時代でもあり、父母から聞いた事のある話とも重ね合わせて観ていました。飛行機や歴史の好きな人なら、のめり込んで観る作品だと思いますが、何だか淡々と鑑賞してしまい、読書感想文を書きにくい本を読んだような感覚です。
映画のパンフレットを読んで「なるほど … 」と見えてきたこと … 。
宮崎駿監督は企画段階の覚書に - 大正から昭和前期にかけて、みどりの多い日本の風土を最大限美しく描きたい。夢の中は自由に、大胆な時間のカットはやむを得ないetc… - と書かれています。そして、評論家の立花隆さんは『風立ちぬ』は不思議な構造を持った映画だ … と。
関東大震災、戦争、結核という病 … すごく大変な時代なのに、物語の中の人々は皆 淡々と、感情をあらわにせず真面目に丁寧に毎日を生きている … 。菜穂子役の声優を演じられた瀧本美織さんが監督から「昔の人は生き方が潔い。必死に生きようともがく感じではなく、与えられた時間を精いっぱい生きている、そんなイメージで演じて欲しい」とアドバイスを頂き意識して演じました … と書かれていましたが、まさに作品全体が このイメージでまとめられているのがわかりました。言葉使いもきれいだなあと感じました。
現在は当時に比べれば、いろんなことに恵まれた生活をしているはずなのにストレスの多い毎日です。感謝して過ごさなければ … とわかってはいても、ついイライラ。そんな時々に、当時の人たちの生き方を見習わなければ … と思います。中々難しいことだけれど (--;)
写真はパンフレットを買った時にもらったポストカード ... 雑誌の付録のように、山折り谷折りをして立てました。飛行機のチャームを添えて … 。
タグ:ジブリ映画
posted by マリアンヌ at 15:12 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2013年06月23日

デコラティブペインティングの祭典に行ってきました

blog486.jpg

6/18〜20日、グランキューブ大阪で開催していた『JDPA コンベンション - デコラティブペイントの祭典 - 』に行って来ました。
広いイベント会場の半分には、日本各地の教室の先生方・生徒さん達の作品が展示されています。初めてこのイベントに足を運んだ時は、写真撮影OK という事に驚きました。(・.・;) 今回も動画はNGですが、気に入った作品をカメラに収める事は出来たので、家に帰ってからも「上手だなあ … 素敵だなあ … 」と、眺めています。(ё_ё)
トールペイントを初めて知ったのは、当時の雑誌[私の部屋]に載っていたバルーチャ美知子先生の作品。油絵のような絵画でもなく、漫画っぽいイラストでもない、それまでは知らなかった絵に出会った感覚が新鮮でした。
雑貨屋さんが 次々とオープンした1980年代に、トールペイントもブレイク
... 日本の草分け的?先生方の作品が [私の部屋]に毎号紹介されるのが、楽しみでした。「私も描きたい!」と材料は揃えたものの、あの美しいバラの花は きちんと練習しなければ、簡単に描けるものではありません。(..;)
… が そんなこんなを救ってくれたのが、ここ数年プラスα で楽しめる手法や材料が次々と生み出されている事です。(n_n)v
作品を鑑賞した後は、トールペイント関連の手芸材料を扱うショップや先生方のブースがあるスペースへ! ここでは新製品のデモンストレーションをしていたり、体験講習会が開かれていたりと、興味津々のコーナーが並んでいます。今回「マジックみたい!」と長時間?見つめていたのがスタンピングリーフという箔押しの実演 … まず何に?どのデザインで試してみようか?と、今まだ迷っているところです。(・_・;)
イタリアから入ってきたばかり♪ という3D 技法を使った講習会に参加して新しい質感のアクセサリー作りも体験してきました。いろいろ試してみて私なりにアレンジ&ミックスした作品が作れたらいいな … と思っています。
写真は小さなバッグ型プラークに、先生方がそれぞれのデザインで描かれた作品写真をプリントしたファイル。傘型プラークのバージョンもあり、梅雨の季節、日傘のいる季節にぴったりでいいなあ … と思いました。
どちらも立体的に描かれた作品が魅力的で、キットも売り切れになっていました。くまがいなおみ先生デザインのペーパーチャームキットを買ったので早速作ってファイルと一緒に記念撮影 … (・-・)/
くまがい先生デザインの[不思議の国のアリス][赤毛のアン]が大好きだけど、今回はオリジナルキャラクターの[モアニちゃん]を選びました。
とっても可愛いです♪
posted by マリアンヌ at 13:04 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2013年05月03日

すみれの花のカフェオレボウル

blog474.jpg 連休の前半、中崎町周辺にある
 雑貨屋さん4店を巡るスタンプ
 ラリーを楽しんできました。
 グランフロント大阪のオープン
 で大阪駅周辺はすごい人・人・
 人 … ですが、目指すは梅田から
 歩いて8〜15分圏内にある夢の
 詰まった可愛いお店。(・-・)/
最初の2軒は、昭和の町並みの中にある若手クリエイターさん達のお店で、地図を片手にキョロキョロしながら探し歩きました。(?_?;
各店舗で400円以上買い物すると、スタンプがもらえます。
1軒目[r-kukka]さんではコットン糸で花やフリルを編んだシュシュ、2軒目[cous cous]さんではレースのモチーフを数点買いました。
3軒目[JAM POT]さんは大通り沿いにある何人ものクリエイターさん達の作品を扱っているお店。今年2月に阪神百貨店ZAKKAマルシェで知ってから行くようになりました。 5/6まで fleur さんの春のアクセサリー展開催中でぜ〜んぶ欲しくなるような素敵な花とレース、ヴィンテージパーツをコラージュした作品がいっぱい! (ё_ё) クリエイターさんご本人もおられ楽しくお話してから迷いに迷って1点、頂きました。
4軒目は JAM POT さんの姉妹店[Guignol]さん。ここは以前サンドブラストミラーを置かせてもらっていた[クッシェ・ト]さん以来久々に! 大のお気に入りとなった お店です。店の中は まるでジブリ映画『耳をすませば』に出てくる[地球屋]みたい? 少し薄暗い店内には、フランスのアンティーク雑貨、ヴィンテージ素材を使って作られたアクセサリーやバッグetc… 宝物探しをしたくなる不思議な空間です。写真のカフェオレボウルはフランスで現在売られている物だそうで、麺類を頂くのに丁度良い位 かなり大きめ♪
温かみのあるアイボリーの地に、すみれ色と淡いオレンジ、黄色、グリーンの濃淡が美しくて一目惚れしました。[Guignol]さんの2Fは ギャラリーになっていて、5/12まで 井ノ上 豪さんのイラスト個展[さよなら少年たち]を開催しています。やわらかな色合いに優しさが感じられる作品です。
スタンプが4つ集まったので、井ノ上 豪さんの描き下ろしイラストタオルをプレゼントしてもらいました。(n_n)v 大阪駅周辺だけど、のんびりとした素敵な休日となりました。
posted by マリアンヌ at 15:00 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2013年02月13日

くまがいなおみ先生のコラージュペーパーを使って♪

blog462.jpg

くまがいなおみ先生デザインのコラージュペーパーを使って、化粧ポーチをリメイクしました。 コラージュはとっても楽しいので我流で ちょこちょこ
していましたが、昨年秋 心斎橋大丸のトールペイントフェスティバルで井川恵美先生の店頭講習会に参加して以来、より魅力が増しました。 (・-・)/
[不思議の国のアリス]のイラストは多くの方々が描いておられ、原作の挿し絵は少し怖いものの (..;) それ以外のアリスは 皆それぞれに素敵です。
井川先生デザインのコラージュペーパーのアリスは ブルーではなくピンク色のワンピースに白いエプロン姿 … 講習会ではティーポット型のプラークにコラージュしました。可愛いけれどクラシック ... アンティークっぽい雰囲気が好きで、ずっと飾っています。(∩.∩)
今回は くまがい先生デザインのアリスをメインにしてみました。
まず黒地に銀ラメ入りの古い幅広リボンを貼った上にコラージュペーパーにプリントされたトランプや時計etc… 、他にアンティークのポストカードを縮小コピーした物や、捨てずにとっておいたボタンなどもくっ付けました。
表も裏も いい感じに出来たかな … ♪
くまがい先生、井川先生のデザインは とても可愛らしくて … トールペイント作品は さすがに自分用としては可愛すぎ … (--;) と、遠慮していました。
でもコラージュペーパーを使わせてもらえば大丈夫!
合わせる色や ちょい足しアイテムを変える事によって、少し大人っぽくも
カッコ良くも、自分好みに仕上げる事が出来ます。
そして絵が思うように上手く描けなくても素敵に仕上げる事が出来る、有り難〜い存在です。(n_n)v
posted by マリアンヌ at 22:49 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年12月08日

田村セツコ展に行きたい!

blog452.jpg 昨日、書店で[田村セツコ HAPPY を
 つむぐイラストレーター]という本を
 見つけ即、買ってきました。
 4年半前にも田村セツコ先生の[少女
 時代によろしく]についてblogに書い
 た事が ... (゜.゜)
 そう、少女時代からのファンです。
 この本を買ってショックだったのは、
 10/25 〜 12/24 まで東京弥生美術館で『田村セツコ展』が開催されていると知ったこと。(+_+)
先日のディズニーシー旅行の時に知っていたら、何としてでも時間を作って行ったのに ... 。書店チェックは定期的にしているのになあ ... (-。-;)
こういう時、今更ながら東京界隈に住んでいる人を羨ましく思います。
学生時代から雑誌などに載っている素敵なお店や催し、教室etc... などを知る度に何度こんな思いをしたことでしょう (-.-;)y-~~~
この本、まだパラパラとしか見ていませんが 盛り沢山で読み応えがありそう♪懐かしいグッズの写真も いろいろ載っていて、私が昔から持っている定規セットのイラストのお花(葉っぱがリボンになっています) が、プリムローズという名前だったんだと初めて知りました。(・.・;)
池袋コミュニティ・カレッジで絵日記講座をされているとの事。
近くだったら通いたい! 今日は悶々とPCのページを検索しながら時間を過ごしてしまって反省しつつ (>_<;) mixi のコミュニティを見つけたし、先生のblogもブックマークに追加したし、次回を楽しみに待つ事にします!
... と自分に言い聞かせながらも[田村セツコ展]新しくなった阪急百貨店で開催してくれないかなあ ... という思いがよぎりました。
こういう事って、何処に お願いしたらいいのでしょう?
本の中に いろんなお話もイラストも いっぱい詰まっているので、参考にしてHAPPY を頂きましょう♪ (n_n)v
写真は1984年に買った[赤毛のアンのバースデイ・ブック]と昨日買った本、そして少女時代から持っている定規セットです。
posted by マリアンヌ at 18:36 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年10月30日

絵の中に、ポロンを見っけ!

blog446.jpg また一週間が過ぎてしまいました (..;)
 先週 大丸心斎橋店北館で開催されていた
 - 笹倉鉄平[2000 - 2012]原画展 - を
 観に行ってきました。
 東京での開催が11月の最終週ということ
 で今回は新作とクリスマスシーズンらし
 い作品が数多く展示されていました。
 初めて見た原画『ゲトライゼ通り』と
 『イルミネーション』には特に心を奪わ
 れ「何故これまで気に留めていなかった
のかしら?」と不思議に思って、版画作品が販売されているコーナーに行ったのですが ... この2作品はシルクスクリーンで、原画とは随分イメージが
違うように感じました。(゜.゜)
数年前からは - ジクレonキャンバス - という新しい技法による作品となって
販売されるようになり、より原画に近くて、ますます魅力を増しています。
「この2点もジクレだったら、もっと素敵だろうな ...」と思うのですが、
シルクスクリーン作品が好きな方も多いようなので、一概には言えません。
新作の案内を見て「可愛い!だけどウチの子じゃないしね ... 」と思っていた『僕とボビーと秘密の店と』という作品 ... スコッチテリアのミックス犬?のような ボビーくんがアンティークショップに立ち寄っているご主人を待っている様子なのですが ... (・.・;) 
原画をじっくりと眺めていると、ボビーくんのお楽しみは 店のお隣りに住んでいる友達に逢う事!?ガラス窓越しに顔を覗かせている ポロンそっくり?のトイプードルを見つけて、急にテンションが上がりました。(・-・)/
この作品、今回の販売分は3日で完売したとの事。笹倉先生の作品には犬たち猫たちが描かれたものが多いので、犬好き派・猫好き派 それぞれに欲しく
なる絵が違うのかしら ... なんて思っています。
写真は、リカちゃん人形の - ペットとおそろいドレスセット - に入っていたトイプードルを[笹倉鉄平 ヨーロッパ 旅の画集]p134に載っている『朝霧のケンジントン公園』(絵は一部分です)の前に置いて撮りました。(^^;
『朝霧のケンジントン公園』には、いろんな犬たちが朝の散歩を楽しんで
いる様子が描かれています。 絵が キャンバスの細長い側面にまで繋がっているのに気付いた時には、ちょっとびっくり♪ のどかで広々とした様子が伝わってきました。
posted by マリアンヌ at 22:20 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年09月26日

2013年のカレンダーは卓上用がステキ?

blog441.jpg 毎年9月になると来年のカレ
 ンダーが一斉に売り出され、「今年はどんなデザインの物が
 あるかな?」とチェックする
 のが楽しみのひとつです。
 20年以上、買い続けている
 LANG 社のカレンダーには
 沢山のシリーズがあって、中
 でもお気に入りは4〜5種類
... どれを選ぼうかと1ページ
ずつ見て行く時は、美術館で作品を観る時のように真剣です。(・_・)
出来れば、12ヶ月分全てが好きな絵であって欲しい! 1枚1枚の大好き度と、もうひとつ度の枚数を比較して、どれを買うかが決まります。
日本のカレンダーって、昔?は、どこかの銀行やお店で貰う物という感じだったので、洋書コーナーやソニープラザで初めて外国のカレンダーを目にした時には「世の中にはこんなに素敵なカレンダーがあるんだ♪」と、カルチャーショックを受けたものでした。(^^;
この十数年の間に日本のカレンダーも、とても素敵なものが多くなり、選ぶ楽しみも倍増しました。今年ひと目惚れして即買いしたのは武井美樹さんのイラストカレンダー♪ふんわりと淡い色彩で繊細に描かれた可愛いもの達がいっぱい!金の箔押しもあって、12枚全部好き!だったので、壁掛けタイプの大きめカレンダーと卓上タイプの両方GET! 同じイラストでも大きさによって、素敵に見えたり見えなかったりという場合もあるけれど、どちらも素敵でした。(n_n)v
他には、こちらも優しい色彩に癒されるイラストでお馴染み いわぶちさちこさんのカレンダー。壁掛けタイプもありますが新しかったのは アートブックのような形になった卓上カレンダーです。
大きめの方はピンク地にイラストが描かれたハート型のポーチとのセット。小さい方は水色地に - 不思議の国のアリス - の世界をイメージしたイラストのパスケースがセットになっていました。
今年は何故か卓上カレンダーばかりに魅かれたのですが、飴ノ森ふみかさんのカレンダーも可愛かったです♪ホールマーク社のビンテージコレクションにあるような動物達(9/12枚が子猫ちゃんです)が飛び出す?形になっていて何とも言えない愛らしさに見とれてしまいました。(ё_ё)
写真は武井美樹さんの卓上カレンダーと、ここ数年お気に入りスノードームカレンダー(エッフェル塔バージョン)です。
posted by マリアンヌ at 13:33 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年09月21日

テディベア切手を買ってきました♪

blog440.jpg 先日 郵便局へ行った時、テディベア
 切手の発売ポスターを見て「これは
 絶対欲しい!」と私の中で大ヒット!
 発売日の今日 早速買ってきました。
 大抵の連絡はメールで済ませる事が
 多くなり手紙や はがきを書く機会は
 随分減りましたが、いろいろなデザ
 インの切手は以前より ずっと多く
 発売されているように思います。
 紙ものが好きなので、郵便局へ行った時はいつも「今、売っている切手は?」とチェックしています。(ё_ё)
記念切手、地方色豊かな行事や風景・花などの切手、アニメシリーズ、季節のグリーティング切手etc... 気に入った物を見つけると嬉しくなります。
最近は使わなくなった切手を持て余している人も多いのか、額面割れの価格で引き取りをしている店もあるようなので何とも複雑な気持ちですが ... 。
今、気になっているのは、消費税が上がったら、郵便料金もまた上がるの?という事。(?_?;  3%の消費税が導入された頃に買った62円切手・41円切手 ... デザインが好きだったものを数枚、切手帳にコレクションしていて、定形外郵便を送る際に使ったりしています。(・・;)
今使っている80円切手・50円切手に又、端数の切手を買い足して使わないといけなくなったら嫌だなあ!という思いから、買うのを止めた切手も多いのですが、これは我慢出来ませんでした。(^^;
テディベア達がそれぞれ可愛くて使うのが勿体ないような切手シールシートです。(n_n)v
posted by マリアンヌ at 15:45 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年07月15日

[コクリコ坂から展]を見てきました

blog426.jpg 大丸心斎橋店で開催中の[コクリコ坂から
 展]を見てきました ... と言っても買い物
 中、偶然聴こえてきた 店内の案内放送で
 知り「ラッキー(^^)V ジブリファンと
 しては、是非見て来なきゃ♪」という気持
 ちで立ち寄ってみました。
 DVD&ブルーレイ 発売記念の開催らしい
 です。初回限定版が欲しい ... 買っても
 結局見ないんだけど、老後の楽しみ?に
 買っておきたい気分です。 (..;)
 会場内に流れる主題歌[さよならの夏 〜
 コクリコ坂から 〜♪] はホント この物語
の世界へと誘ってくれます。♪(*^-'*)>
心地よく感じながら、宮崎駿さんが描かれたイメージボードや、吾朗さんが描かれた絵コンテetc... を見ていると あっという間に懐かしい時代にタイムスリップしていました。(・-・)/
映画を観た時は、物語の成り行きや登場人物の様子が気になって、背景は「綺麗だな♪懐かしいな♪」と思いつつも、じっくり注目していたわけではありません。(・・;)  でも今回 展示されているイメージボードに書き込まれた文字や、それぞれの解説文などを1点1点見て歩くうちに私自身の記憶の中の映像と重なりあって、いろいろな光景が思い出されました。
海ちゃんの おばあちゃんが住んでいる - 離れ - や、植え込みや池のある庭が
見える縁側は、今はもう無くなってしまった祖母の家の光景と重なります。
海ちゃんの通う高校の絵を見ると、私が通学していた頃の木造校舎を思い出しました。母校の前は ポロンの散歩で毎日通るので、新しい校舎を見慣れてしまっていましたが「そうそう、玄関はこんな感じだったなあ ... 」と当時、校門から見えた風景が甦ってきました。
写真はこの想いを持ち帰りたくて買ったアートブックとチケット♪
原画とは比べ物にならないけれど、映画が出来上がるまでの細やかな作業を感じることの出来る絵が数多く編集されている事典みたい?な画集です。
ジブリ作品のアートブックは、他にも何冊か持っていますが - あると安心 -
みたいなところがあって、普段開いて見る事は殆どありません。この夏休み
のんびりゆっくりと、アートブックを眺めてみる時間を持つのもいいかな♪
posted by マリアンヌ at 13:49 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2012年02月13日

ANNA SUI の ネイルカラー

blog401.jpg 昨年末、阪急百貨店から届いた
 DMに載っていた ANNA SUI の
 ネイルカラー ... ♪
 素敵なシルエットにひと目惚れ
 しました。(ё_ё)
 早速、ページを切り抜いてスク
 ラップブックに納め、満足して
 いたのですが ... (n_n)v
 バレンタインチョコを買いに行った時に思い出して実物を見に寄ったら〜 買わずにはいられない!
ANNA SUI の アクセサリー売り場は定期的?にチェックしていて、時々お気に入りが見つかりますが ... 化粧品売り場は初めて。
阪急では JILLSTUARTと隣り同士で 可愛い物大好き人間としては 興味津々の場所なのですが、美しいお姉さん達に人気のブランドなので、ちょっと近寄り難いような ... (--;)  最近、歳のことを気にすると 勝手に枠を決める必要はないと よく息子に注意されますが (・_・;)
でも興味津々度が上限に達すると、何も気にならなくなる性格 ... いろいろ
悩んだ末、写真の2色を買ってきました。 ドレスのデザインも2パターン。
どちらも欲しかったので この2色を選びました。(・-・)/
昔は マニキュアといえば、ピンク・オレンジ・レッド系のものだったので、寒色系のマニキュアをしている人を 初めて見かけた時は、びっくりしたものです。でも今 売られている商品のバリエーションは、全色揃えたくなる画材たちと同じように? というか、ラメやパールの調合具合?( 何て表現したらいいのか言葉が見つかりません)は、より微妙で複雑。
どの色(ドレス)も何て 綺麗なんでしょう!
ANNA SUI の棚にきちんと並んだネイルカラー ... ブルーのドレスが ひと際 魅力的だったけれど、やっぱりまずは ピンク系♪
ドレッサーをバックにコーディネートされた色とりどりの素敵なびん達は、
まるで舞踏会を楽しんでいるみたいでした。
初夏になったら、ブルー系のドレス?も欲しくなりそうな予感です。
posted by マリアンヌ at 16:52 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年12月11日

絵の中の通りを歩いてみたら ... ♪

blog391.jpg 11/30〜12/5まで大丸
 心斎橋店で開催されていた
 『笹倉鉄平77枚の原画展』に
 行ってきました。
 一度目は どっぷりと3時間
 近く入り浸り、二度目は
 笹倉先生来場の日に ... 。
 原画を 77点も見ることが出
 来るなんて感激です!
 笹倉先生の作品は、テーマも色使いも美しく優しく繊細で、絵を覗き込むように隅々まで見ていると、あっという間に時間が過ぎてゆきます。(ё_ё) ~~~~~
アートテラスの方が いろいろと説明して下さるので見逃してしまいそうな所に大切なポイント?を見つけたり ... 絵の中のカフェでティータイムを楽しんでいる気になって、窓の外の景色を眺めてみたり、扉の向こう側を想像してみたり、ワンちゃんの様子を観察してみたりetc... 。
クリスマスを描いた作品も何点かあり、どの絵を見ても温かくて癒されるのですが最新作[クリスマス・タウン]は リーフレットを見た瞬間「何て素敵なの!」と展示会を心待ちにしていたのです。
写真は 今回の案内をバックに、展示会の余韻を味わう為に買って帰った、ブルーベリーのレアチーズケーキを撮ってみました。(^^;
絵の舞台は あのイギリスのコッツウォルズ ... 実際に旅された時のスケッチと空想とを織り交ぜられた作品だそうですが、じっと見つめているうちに絵の中の通りを歩いていました。(・・)
教会からは賛美歌♪が流れてきます。その前には、ドーナツ屋さんのワゴンがあって、男の子がお買い物中。[おもちゃと夢]を売っているお店?ショーウインドウを覗き込んでいる人達もいるけど、絶対 中に入って宝物
探しをしたいなあ ... 。(・-・)/
お店の前で演奏している曲は何?[サンタが町にやってくる♪]みたいな
弾んだメロディーだと思うけど違うかな? 元気に走ってるワンちゃんもいる
けど、ちゃんと おすわりして耳を傾けている子もいます。U・・U
お隣のクリスマスショップの前にはサンタさんがいて、小さな子が握手してもらっているし、横道を曲がっていけば、またワクワクするような お店に
出会えそうです。σ(^^)
ティールームの中もクリスマスムードいっぱい!結構混んでるみたいだけど、温かいミルクティーと焼き菓子を味わっていきたいなあ etc... 。
この原画展、東京では 銀座2丁目のメルサ5F 東京セントラル美術館にて、12/13〜18日まで 開催されるそうです。大阪では見られなかった[カフェ・ベラ・ノッテ]の特別展示もあるそうなので お近くの方は是非!
posted by マリアンヌ at 14:55 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年11月23日

アヴリルの糸で色彩遊び♪

blog389.jpg 昨年 ABCクラフトでキットを
 買って作った指編みシュシュ♪
 簡単に出来て、色合いも素敵で
 愛用していたのに、スルリと
 落としてしまった時 ポロンに
 持って行かれてヨダレでベチャ
 ベチャに (>_<;) 「汚いよ〜」
 と洗い過ぎ、ふんわり感が全く
 なくなってしまってがっかり
です。 その後、見た目 可愛気な毛糸を使って同じように作ってはみたものの、何か安っぽくてパッとしません。(+_+)
先日、本屋さんでアヴリルの糸が3種類入ったMOOKを見つけて買ってきました。テキストを見て初めて、ABCクラフトで買ったキットや、東急ハンズetc...で売っている色とりどりの[ペラコーン](=小さな糸巻き)が、京都にメインショップがある糸の専門店[AVRIL]の商品だと知りました。
東京は吉祥寺に、大阪は心斎橋大丸南館2Fに お店があると知って早速行ってみると 又々興味深い世界が ... (・_・ゞ−☆
ペラコーンにセットされた糸は、2本〜6本取りの糸の組み合わせで 80種類もあり、微妙な色と質感のニュアンスの違いが可愛い!きれい! (ё_ё)
糸1本ずつにも それぞれ名前があって その組み合わせがテキスト[アヴリルの糸あそび/No.8]に載っていました。ペラコーンを全部揃えて フレームにしたいような気分になりながら、まずは このページを眺めて満足する事に!
家にある毛糸と合わせたら、アヴリルっぽくなりそうな写真のコーン巻きの糸も2種類買ってきたので、まずは水色系の毛糸をメインにシュシュを作ってみました。中々 素敵です。 (n_n)v
次は黒系、ベージュ系、ピンク系etc... で作ってみようと組み合わせる楽しみが広がります。♪♪♪
他の雑貨作りにも大活躍してくれそうな 個性的な糸たちに乾杯〜 (・-・)/
posted by マリアンヌ at 16:17 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年11月12日

トールペイント、広がる世界♪

blog387.jpg 相変わらず、手作りしたい物が いっぱいある
 のに時間を上手くやりくり出来なくてテーブル
 上には未完成品が所狭しと並んでいます。
 肩が凝るけど、目が疲れるけれど、blogの更新
 が滞り気味だけど やめられない、止まらない。
 同じ事をくり返し呟きながら歳を重ねるばかり
 で、本人はかなり焦っています。(~_~;)
 写真は (古い物で恐縮ですが) 長年使っている
 ティーバッグホルダーで、トールペイントした
 のは1994年 ... 描きついでに年号を入れておく
 と 後々楽しいものです。(^^;
1980年代、トールペイントがまだ珍しかった頃には 東急ハンズでアメリカからの輸入テキストを探すのが楽しみでした。全盛期の頃には百貨店の手芸用品売り場でも沢山の材料を扱っていました。
その後はビーズアクセサリーなどの材料が売り場の中心となり、トールペイントはメインから外されたような感じにもなっていたのですが ... 。
最近はコラージュが大流行♪ トールペイント・スタンプ・UV樹脂他 様々な手芸材料をプラスした ワクワクするような作品を数多く見かけます。
心斎橋大丸本館で 11/9 〜 14日まで開催中のトールペイントフェスティバルでは全てをミックスした作品が集められていて またまた刺激を受けました。くまがいなおみ先生の[Paper Collage]の作品展示は、今まで知っている
可愛いらしい子どもや動物達の絵とは異なった、アンティーク&大人の雰囲気だけど可愛い、素敵な世界でした。(ё_ё)
井川恵美先生の[スタンピングコラージュ]のようなテキスト(大好きでくり返し眺めています)、くまがい先生のも発売されるといいな。
私は ... 「ごちゃごちゃ言ってないで、材料集めばかりやってないで、手を動かしなさい!」と自分に言いたい。まずは「これには首を突っ込むまい。」と思っていたけど始めてしまった、樹脂粘土で型抜きしたお菓子を仕上げる事から ... 。(・_・;) /
posted by マリアンヌ at 15:26 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年09月28日

フェリシモの豆本アルバム

blog382.jpg 昨年から今年にかけて コレク
 ションしたフェリシモの『毎日
 のハッピーつめこむ!オール
 レザーづくりの じゃばら式豆本
 アルバムストラップの会』
 長〜い名前だこと!(◎-◎;)
 縦5cm 横4.5cm 厚さ1.5cm
 の小さなアルバム達です♪
専用のディスプレイボックスも素敵だったので、是非これに並べたいと注文したものの、アルバムを出し入れしにくい位に きっちりサイズだった為に
返品し、代わりにアクリル板の スライド蓋付き箱を買って、これに収納しています。(^^)V
集まった12色の小さなアルバムを眺めつつ「さて、どんな豆本にしようかな?」と思いついたのが、blogに載せた中から、お気に入りの写真を選んで整理すること (・_・ゞ−☆
blogの写真はサイズが小さいのでプリントするにも好都合です。
次に悩んだのは、ジャンル分けした写真を それぞれ「何色のアルバムに貼ろうかな?」ということ。(・・;)
全部で12種類の豆本には、エスペラント語で 地球上で[大切な宝物]を
イメージした言葉が刻印されているのですが、その言葉と色が 私のイメージと合わない のです。(ex.雪が茶色だったり、風が紫色だったり ... )
結局、言葉は無視する事にして、ポロンはポロン色(単純?)リカちゃんは
ピンク、クリスマスシーズンの写真は赤(えんじ色)etc... と決めて貼る事に ... またまた肩は凝るけれど、とっても楽しい作業でした。 1冊に 24枚の写真が貼れるので、これからも足してゆける楽しみを残しています。
フェリシモ ... 何度も卒業しようと思いつつ、毎月届くカタログの中で新鮮なコレクションやアイデアに出会うのが楽しみで 一時期ブランクはあったものの、随分長い間 お付き合いさせてもらっています。(^^;
「どの色・デザインが届いてもOK」の欲しい商品を見つけるのが難しい!
でも物が溢れている昨今だからこそ、フェリシモでしか手に入らない宝物を見つけたいと期待しています。
posted by マリアンヌ at 14:04 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年09月17日

だまし絵トートに控えめデコ♪

blog380.jpg 先月 blogに載せたフェリシモの
 だまし絵トートの茶色バージョン
 です。アンティーク風ポストカード
 をラミネーるで貼り付け、周りに
 コットンレース。
 だまし絵のタグにも バラの絵を
 ラミネーるして黒い細リボンで縁取
 りしリボンのパーツを飾りました。
 他には小さなパール調のパーツを控
 えめに ... 。 キラキラした蝶々の
 ブローチは好きな場所に付けられる
 ようにと元々バッグとセットになっていました。このバッグのいい所はファスナーがついていること。(n_n)v
素敵なバッグを見つけても、意外と入り口の留め具はマグネットだけという物が多いのです。(--;)
ムーミンママがいつもハンドバッグを持っているように、女の人ってバッグが好き? 沢山持っていても、又々 欲しくなってしまうアイテムらしく、エコバッグという物が登場して以来、余計に品数が増えたようです。
雑誌の付録にも 一番多く付いているし ... 。σ(^^)
ハンドバッグ + ハロッズの特大サイズトートを持って出かけるのが 長年、私の定番です。荷物は出来るだけ軽くしたいと思っているのに、心配性のせいか? いつも出かける時点から重た〜い (>_<;) 
でもたまにハンドバッグだけで出かけると、パンを買って、あと1つ何かを買うと もう不便で持ちにくくて ... 。(+_+)
軽くて気楽なトートバッグを もっとおしゃれに使えるようになったら、もう少し肩が凝らずに出かけられるんじゃないかと考えている昨今です。
posted by マリアンヌ at 15:49 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ

2011年08月20日

『借りぐらしのアリエッティ x 種田陽平展』に行ってきました

blog374.jpg 兵庫県立美術館で開催中
 の『借りぐらしのアリエ
 ッティ x 種田陽平展』に
 行ってきました。
 JR灘駅から海側へと続く
 ミュージアムロードは、
 阪神大震災の後、整備
 されたらしく、広くて
 気持ちのいい大通り。
地図で見るより、ずっと近くて すぐに着きました。(^^)V
『借りぐらしのアリエッティ』の世界を、再現した精巧なセットの中で体感
するという事で、ジブリファンの私は「子ども相手の催しかしら?」と思いつつ行ってみたのですが ... 。 (^^;
セットを楽しむのは始めの3分の1、後は映画ファンなら誰もが興味のある、
映画美術に感心のある人なら とても勉強になる展示会でした。
私が 映画館で観たのは『冷静と情熱のあいだ』だけ、またテレビで見た事があるのも『フラガール』だけでしたが、『キル・ビルVol.1』『悪人』etc... 種田陽平美術監督の仕事を紹介する資料や写真が 数多く展示されていて 見応えがありました。(・-・)
写真は美術館入り口の壁にあった看板?  ツタの葉が絡み、絵と一体化していて素敵でした。
posted by マリアンヌ at 14:04 | Comment(0) | Art |
Mary's Ribbon ショップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。