2012年06月03日

大人用のきちんと素敵なバイエルが欲しい♪

blog419.jpg ピアノを初めて習うときの、テキ
 ストといえば[バイエル]が定番
 だった時代に、ピアノを習い始め
 ました。 でも私の習った先生は
 バイエルではなく、当時としては
 新しかった?[メトードローズ]
 を使われていたので、母親たちは
 先生にも新鮮さを感じていたかも
 しれません。(・_・)
その為か?私の中では メトードローズが入門書の定番となっていて、13年前にピアノ教室を再開した時も、最初の生徒には まずメトードローズを使ってレッスンを始めました。 でも何かしっくり来なくて バイエルに変更 (..;)
少しでも楽しんで練習出来るようにと、ディズニーのイラスト入りで(当時の)この頃風に編集したテキストを使ってみました。 しかしこれも大失敗 (>_<;) 「何? この違和感 ... 」という事が多くて飛ばし飛ばし使い、2巻目からは元祖[こどものバイエル]を使うことにしました。
ポピュラー風の響きを重視してか? ドミソ・ドファラ・シレソの主要三和音以外の和音が 入門書から登場するのに閉口したのです。(~_~;)
[バーナム][トンプソン]など新しい ピアノ入門テキストはありますが、私は絶対バイエル派。古いと思われても「新しいテキストは使わないの?」と言われても、最近は 基礎からきちんと弾けるようになるには「バイエルが一番♪」と信じて使っています。(n_n)v
そこで楽譜出版社にお願いしたいのは、見易くて使い易い 大人用のバイエルを作って頂きたいという事。「そんなの、いろいろ沢山、工夫を凝らして作っていますよ!」と答が返ってくると思いますが ... 。
全音楽譜出版社さんの元祖バイエルは、楽譜が小さくて ピアノを初めて弾く方には見辛いです。(O.O;)(oo;)
「大人の〜」というバイエルは、さっさと終えられるように1番から106番まで、きちんと練習しなくてもいいように簡略化されていたりドレミの読みまで書かれていたりetc... 。勿論これらを気に入って使っておられる方も大勢いらっしゃると思うので否定する気は毛頭ありません。m(_ _)m
そこで楽譜が見易くて全曲きちんと練習出来るのは各社から出版されている[こどものバイエル]なのですが、立派な大人の方に お渡しするのは失礼な気がするので、説明して納得してもらってから使用しています。 
保母さんの資格取得の為にピアノを始めた学生さんも、大学での教材は[バイエル]との事 ... 最近は近視の人が多く、元祖バイエルでは、読み辛いと言って[こどものバイエル]を使ってレッスンしました。
大人だって ... ♪ シニアだって、きちんと基礎から学びたいと思っている方は沢山いらっしゃいます。
楽譜の内容は[こどものバイエル]のままでいいので[基礎から学びたい♪大人のためのバイエル]とか?名付けて、表紙と中のイラストを大人っぽくおしゃれな雰囲気に変えて発行して頂けたら嬉しいです。
ここに書いているだけでなく、実際に直接お願いしてみないと ... (^^;
写真は、音楽モチーフのブローチ ... ♪ アニメのおかげか? 最近は素敵な
デザインのグッズが沢山売っているので、つい買ってしまいます。
posted by マリアンヌ at 14:50 | Comment(0) | Piano |
Mary's Ribbon ショップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。