2010年11月03日

クッシェ・トさんの 思い出 ポット

blog335.jpg 写真は 2002年の年末、当時サンド
 ブラスト商品を置かせてもらっていた
 クッシェ・トさんで見つけたポットで、
 フランスのアンティーク ... 20世紀初頭
 のホウロウ製です。
 それまでのアンティークコレクションは
 シルバーカトラリーが中心で今でも普通
 に使えるものばかり ... ♪
 ポット=「お湯を沸かす」とか「お茶を
 いれる」為のものと考えると、エナメル
 が剥げ落ちサビた部分のあるアンティークホウロウは、あまり欲しいと思えるアイテムではなかったのですが ... 。クッシェ・トさんのティールームに飾られていたアンティークホウロウ達はみんな優しく温かみのあるものばかり。(ё_ё)
手作りのスコーンを温かいミルクティーと一緒に頂きながら、そのほんわかとした世界に浸っているうちに、すっかり魅了されてしまいました。
レリーフの上にハンドペイントされたホウロウ製品は、プリントやステンシルで絵付けされた物より味わい深い良さがあります。(n_n)v
気に入った場所に収まると、殆ど模様替えをしない為、このポットは仲間のポットと一緒に ずっと棚の上段に並んだまま ... (^^;
今、このブログを書きながら、クッシェ・トさんのお店の様子を懐かしく、でも鮮やかに思い出しています。あれから、いろんな お店に行きましたが、より素敵な空間には まだめぐり逢えないでいる私です。


posted by マリアンヌ at 12:24 | Comment(2) | Antique |
Mary's Ribbon ショップへ
この記事へのコメント
今晩は月1

アンティークの雑誌を見ていたら、クッシェ・トさんを思い出し、ネットで検索をしていたら、偶然ブログを発見したので、ワクワクしながら読ませて頂きました。

オーナーとは、とても仲良くして頂き、私も色々なアンティークホーローを買わせて頂きましたので、読んでいて本当に懐かしい想いで、胸がいっぱいになりましたきらきら四つ葉


私は福井ですが、何度もお店に行きましたよ上向きカーブ矢印にこにこ


とても癒される空間でしたから‥四つ葉

Posted by 下出と申します。 at 2013年06月18日 22:07
コメント、有難うございます。
クッシェ・トさん、ホントに素敵なお店でしたよね。
オーナーさんと お話するのも、楽しかったです。

私の場合、モノレールの駅から 結構歩いて、角を曲がり
お店のショーウインドウと入り口が見えた時のワクワク感♪

何かしら素敵なものが見つかる楽しさ、いつも ついつい
長居させてもらっていました。(*^_^*)

想い出を共有させて頂き、有難うございました。
Posted by マリアンヌ at 2013年06月19日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。